炭酸水「サントリー 南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー」でほんのり生姜風味

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

強炭酸水の中でも特に気に入って飲んでいるブランドの一つ、「サントリー天然水 南アルプス スパークリング」。当ブログのこちらの記事でもご紹介しています。

そんな南アルプス スパークリングに、新たなフレーバーが登場。

「サントリー 南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー」です。

こちら。南アルプス スパークリング ブランドのテイストはそのままに、ほのかにジンジャー風味を感じさせるゴールドのパッケージ。さて、そのお味は?

「南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー」の特徴

サントリーの炭酸水「南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー」の特徴は、何と言ってもジンジャー、つまり生姜風味を炭酸水に加えていること。

また「無糖ジンジャー」という名称の通り、糖分は含まれておらず、0kcalです。

さらに無糖ジンジャーは、日本のアウトドアメーカー・株式会社スノーピークとの共同開発製品。何を共同で開発したのかは良くわかりませんが(笑)、南アルプス≒アウトドア、みたいなイメージなんでしょうか。

南アルプスブランドということで、水成分は南アルプスの天然水を使用。

  • 有機ぶどう果汁
  • 有機レモン果汁
  • ジンジャーシロップ
  • モルトエキス/炭酸
  • 香料
  • 酸味料
  • 酸化防止剤(ビタミンC)

といった成分が含まれています。内容量は500mlです。繰り返しますが、甘味はありません。

実飲

それでは「サントリー 南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー」を飲んでみます。

グビリ。

…炭酸の強さは普通ですね。オリジナルの南アルプス スパークリングほど炭酸は強くないので、強炭酸が苦手、という方でも飲みやすい刺激。

そして口にふわりと広がるジンジャーの風味。あ、思ってたより飲みやすい。

実はジンジャーというと、ウィルキンソンのジンジャーエールを思い出して、身構えてしまうんですよね。

これ、飲んだことがある方ならば知っていると思うんですが、生姜風味が苦くてキツイ!飲んだあとしばらく、喉に苦味が残るぐらい。

でも無糖ジンジャーはそんな苦味もなく、優しい生姜の味。苦さというよりはやや酸味の方が強いかな、という感じ。

フワッと口に入って、フワッと生姜風味が消えていく。あとくちも生姜感が残るか残らないか、ぐらい。

これはものすごく飲みやすいですね!おいしいです。南アルプスブランドらしい、さわやかな飲み心地があります。

まとめ

以上、「サントリー 南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー」の実飲でした。

生姜風味って地雷も多かったりするんですが(笑)、この無糖ジンジャーは飲みやすくておいしいです。お風呂上がりや運動のあとに飲むと、体がさっぱりして落ち着くのではないでしょうか。見つけたらまたお試しください。

コメント