カンタン手軽にお湯を沸かすなら電気ケトルがオススメ

2月に入りましたが、まだまだ寒いですね。ホットコーヒーや紅茶、その他ホットドリンクが欠かせません。我が家では温かい飲み物を作るときに、電気ケトルを使っています。

IMG_0418

今使っているのはこちら、ティファール(T-fal)の電気ケトル。1リットルを沸かせるタイプです。元々は電気ポット(電動ポット)を持っていたのですが、意外と使わないんですよね。お湯を保温したり再沸騰させるには便利なのですが、水臭くなったりもしますし。そして場所を取るので結局処分してしまいました。

代わりに買ったのがティファールの電気ケトル。これは単純にお湯を沸かすだけのもの。保温機能はないし、一度に沸かせる量も電動ポットよりやや少ないです。ですがこれが超絶便利。「使いたい時に使いたい量を沸かせる」というシンプルさが我が家の需要にマッチしました。

スポンサーリンク

カップ一杯からお湯を沸かせる

電動ポットと異なり、電気ケトルならカップ一杯からお湯が沸かせるので無駄がありません。具体的にはコーヒーカップ・ティーカップなどにお水を注ぎ、それを電気ケトルに入れてスイッチを入れるだけ。複数人数分必要な時はカップ分、水を入れます。各製品の説明書を見ても、大体100mlからお湯を沸かせるようです。使う前は何となく電気ケトルいっぱいに水を入れてお湯を沸かすようなイメージがありましたが、カップ一杯でOKなんですね(※使用製品に説明書を必ずご覧ください)。

また写真のようにとてもコンパクト。場所を取らないし重量もそれほどないので、軽々持ち運びできます。電動ポットは結構なスペースが必要だったのですが、電気ケトルにしてから保管場所がとてもスッキリしました。電気もスイッチを入れた後、お湯が沸いたら自動的に消えるので安全面でも安心です。

スポンサーリンク

電気ケトルうどんはダメ!

便利な電気ケトルですが、若干注意も必要です。電動ポットと違って密閉構造ではないので、湯沸かし時に倒れると熱湯がこぼれることがあります。また湯沸かしをしていることがわかりにくいので、お子さんなどがいる時はさわらないように注意しておきましょう。

また最近話題の「電気ケトルうどん」は絶対NG。電気ケトルはお湯を沸かすための道具なので、水以外のものを入れると吹きこぼれてやけどする恐れが。また不純物が電気ケトル内にこびりついて、故障の原因にもなります。説明書に書かれている使用方法を守って利用しましょう。

一人暮らしなどにも便利

しかしちゃんと使えばこれほど便利な道具もありません。電気ポットより安価で、コンロでお湯を沸かすよりも安全。何よりカップ一杯から手軽にお湯を沸かせるのは魅力的です。コーヒーや紅茶をすぐ飲みたい時、料理でちょっとお湯が必要な時など、気軽に使えます。特に一人暮らしをされる方、新生活を始められる方にはオススメ。お湯を沸かす道具の購入を検討されているならば、電気ケトルが便利ですよ。

電気ケトルはこちらが人気のようです。

スポンサーリンク

フォローする