保冷剤の購入・利用で注意したいこと。高級・高性能な保冷剤も

この記事は約3分で読めます。

自作クーラーを作った時に、100均で保冷剤を買いました。

性能としてはそこそこですねw。価格に見合ったものです。

ではほかにもっといい保冷剤があるのか?と探してみたところ、1個1,000円ぐらいする高級・高機能な保冷剤がありました。

しかし高級保冷剤も、商品レビューを見ると必ずしも万能では無いようです。

本記事ではそんな保冷剤について、製品の特徴と注意したい点をまとめてみました。なおここでは、四角いケースにゲル状の冷却材を詰めた、ハードタイプの保冷剤について取り扱います。

保冷剤のラインナップ

Amazonで「保冷剤」で検索をしてみると、主に下記メーカーの製品が検索上位に出てきました。

  • ロゴス(LOGOS)
  • キャプテンスタッグ
  • アイリスオーヤマ
  • アイスジャパン

価格は大体、容量350gのタイプで、300円~1,000円ぐらい。

特にすごいのは「ロゴス」の製品。-16℃の強力な保冷力で、魚をロゴスの保冷剤で挟むと1分で凍るそうです。すげぇ。

ロゴスは他にも、従来品より凍結時間の短い「倍速凍結」の保冷剤などを販売しています。

保冷剤で注意したいこと

さてここからは、ハードタイプの保冷剤で注意したいことです。

低温やけどに注意

冷凍庫から取り出す時、キンキンに冷えているので、長時間さわっていると皮膚が低温やけど状態になることがあります。

普通の保冷剤よりも温度が低い場合が多いので、素手でさわるのは極力避けて方が良いです。

変形・膨張

届いた時は普通でも、凍らすと変形・膨張する製品があるようです。多くは不良によるものですが、その割合が多い製品は避けたいところ。

液漏れ

変形・膨張しても普通に使えるのならば良いのですが、液漏れを起こしてしまうこともあります。冷凍庫やクーラーボックスに入れる時に、まわりの食べ物に影響を与えないような置き方をしましょう。

冷却に時間がかかる場合も

製品にもよりますが、完全に冷却するのに時間がかかる場合があるようです。2~3時間程度では確実に固まらないので、行楽等で使う場合は余裕を持って冷やしておきましょう。

ちなみに先にご紹介したロゴスの-16℃の冷却材ですが、商品レビューを見ると

  • 冷え切るまでに3日かかった
  • 完全に冷え切らなかった

といったコメントがありました。冷凍庫の温度が足りないケースでそうなることがあるようです。

完全に使うには、冷凍庫温度マイナス20℃で36~48時間凍結、といった環境が必要なようです(通常の冷凍庫温度は-15~16℃ぐらい)。

一度冷やすとマイナス16℃の表面温度が16時間持続する、といった高性能がウリですが、利用条件がやや厳しいので、購入前に確認してみてください。

まとめ

以上、保冷剤に関するあれこれでした。

筆者が購入した100均の保冷剤。値段が安いのはもちろん良いのですが、持続力など性能がアップしてくれれば、もう少しうれしいところ。

いろいろチェックしてみたところ、アイリスオーヤマのハードタイプ保冷剤が評判が良いようなので、また折を見て購入しようと考えています。

コメント