wpXシン・レンタルサーバーとエックスサーバーの比較

この記事は約4分で読めます。

2021年5月、レンタルサーバー大手のエックスサーバー株式会社が、新サービス「wpXシン・レンタルサーバー」の提供を開始しました。

個人ユーザー向けのレンタルサーバーサービスとしては、エックスサーバー(XSERVER)」「wpX Speedに次ぐ、第三のサービスです。

名称としては「wpX」の名を冠していますが、公式サイトに記載されている「エックスサーバーの新たなカタチ」というキャッチコピーのように、どちらかと言えばエックスサーバーに近いサービスです。

そこで「エックスサーバーとはどう違うの?」が気になるところ。というわけで本記事では「wpXシン・レンタルサーバー」の概要と、本ブログが利用しているエックスサーバーとの比較をまとめてみました。

スポンサーリンク
【エックスサーバー】
初期費用0円!キャンペーン開催中(9/30 18時まで)
公式サイト:エックスサーバー
【wpXシン・レンタルサーバー】
利用料金30%OFF!キャンペーン開催中(10/7 18時まで)
公式サイト:wpXシン・レンタルサーバー

「wpXシン・レンタルサーバー」とは?

エックスサーバー株式会社の提供するレンタルサーバー「wpXシン・レンタルサーバー」は、同系列のサービス「エックスサーバー」のシステムをベースとしたサービスで、エックスサーバーに超高速WordPress実行環境「KUSANAGI※」の技術を導入しています。

※KUSANAGIはプライム・ストラテジー社の提供する超高速CMS実行環境です。公式サイトはこちら

エックスサーバーとの大きな違いとしては、KUSANAGIとの技術提携で得られる高速化技術ほか、新技術をエックスサーバーに先駆けて導入していること。またCPU・メモリなどのリソースを厳格に管理。他ユーザーの利用状況に影響されずに安定した環境が提供されています。

逆にエックスサーバーは「安定性とアクセス耐性に重点を置いたサービス」。最新機能などの採用には慎重な検討が図られ、「安定したレンタルサーバー環境」が優先されています。

スポンサーリンク

エックスサーバーと共通のメリット

以上がwpXシン・レンタルサーバーの特徴およびエックスサーバーとの違いですが、基本的にはエックスサーバーの進化系ということで、同サービスと共通したメリットを持っています

その一つが管理画面。wpXシン・レンタルサーバーは、エックスサーバーと同じUIの管理ツールを採用。エックスサーバーの管理ツールは他社レンタルサーバーよりも大変使いやすいもの。管理人も長年エックスサーバーを使っていますが、とても便利です。

ほか、下記のような項目がエックスサーバーと共通の特徴。

  • Xアクセラレータ Ver.2(アクセス数拡張&サイト高速化)
  • 48コアCPU&512GBメモリ
  • オールNVMe RAID10構成
  • 国内最大級のバックボーン回線に10Gbpsで直結
  • nginx(エンジンエックス)採用

サーバー移転や各種設定を代行する「設定代行サービス」や、自動バックアップ機能も搭載。またWordPress以外のCMSが利用できるのも、エックスサーバーと同様です(ちなみにwpX SpeedはWordPress専用です)。

wpXシン・レンタルサーバーのプラン・料金

wpXシン・レンタルサーバーで提供されているプランと料金です。なお記載の料金については「税込み」で「12ヶ月契約をした場合のもの」、また2021年9月現在の内容であることをご了承ください。

wpXシン・レンタルサーバーでは、下記の4プランが提供されています。

  • ベーシック(880円/月)
  • スタンダード(1,780円/月)
  • プレミアム(3,560円/月)
  • ビジネス(7,120円/月)

各プランの大きな違いは、CPU・メモリ容量・ディスクスペースなど。初期費用は無料で、10日間の無料お試し期間が用意されています。なお「36ヶ月契約」を選ぶと、上記金額よりもお得な価格になります(ベーシックなら770円/月)。

参考までにエックスサーバーでは、下記の3プランが用意されています。

  • X10プラン(1,100円/月)
  • X20プラン(2,200円/月)
  • X30プラン(4,400円/月)

初期費用は3,300円で、10日間の試用期間が設定されています。

個人ユースとしては、wpXシン・レンタルサーバーならばベーシックプラン、エックスサーバーならばX10プランと、月額1,000円前後のプランが契約の目安となるでしょう。

どちらを選ぶ?

以上を踏まえて、ではwpXシン・レンタルサーバーとエックスサーバー、どちらを選んだら良いか?

兄弟的な関係にあるレンタルサーバーなので、基本的にはどちらを選んでも問題は無いでしょう。その上で、

  • 新しもの好きならばwpXシン・レンタルサーバー
  • 安定性を求めるならばエックスサーバー

といった「ユーザーの好み」が、選択の大きな決め手となりそうです。

特にwpXシン・レンタルサーバーはエックスサーバーに先駆けて先進的な技術を導入する、という特徴のサービス。そこに面白みを感じるかどうか、はユーザーの性格に拠るところが大きいのでは。

両者を大雑把に分類すると「高速性重視のwpXシン・レンタルサーバー」「安定性重視のエックスサーバー」ということになるのですが、もちろん基本はエックスサーバーなので、ともに高速性・安定性に定評があるのは言うまでもありません。

まとめ

以上、レンタルサーバー「wpXシン・レンタルサーバー」と「エックスサーバー」の比較でした。

なお記事内でもふれましたが、エックスサーバー系のレンタルサーバーは高性能なのはもちろん、管理ツールが使いやすいのが大きな特徴。ヘルプも充実しており、WordPressブログが構築しやすいのが魅力です。ぜひ一度お試しを。

なおエックスサーバーは随時スペックをアップデートしています。最新のサーバー情報・機能などについては、公式サイトで確認してみてください。

【エックスサーバー】
初期費用0円!キャンペーン開催中(9/30 18時まで)
公式サイト:エックスサーバー
【wpXシン・レンタルサーバー】
利用料金30%OFF!キャンペーン開催中(10/7 18時まで)
公式サイト:wpXシン・レンタルサーバー
ブログ・WordPress
スポンサーリンク
コータ_をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
買い物しようと街まで

コメント

タイトルとURLをコピーしました